補聴器の種類

フォナックの多彩なソリューション

卓越したソリューションで、生活をシンプルに

良い聞こえは、健康で充実したしあわせな毎日に欠かせないもの。難聴に制限されることなく行きたいところへ行ける自由は、充実した生活にとって不可欠です。

フォナックでは、補聴器の開発段階から、製品をお使いになる方々の暮らしを豊かにすることを大切に考えています。

補聴器の仕組み

最高の補聴器は、失われた音を再び聞こえるようにするために、音を増幅するだけではなく、卓越した様々な機能を備えています。たとえば、特定の方向から発生する音やさまざまな種類の音を強調したり、雑音を抑制したり、周波数を圧縮することができます。補聴器をお使いになる方のいる状況を補聴器が自動認識するので、面倒な設定作業は不要です。

フォナックの最新補聴器なら、スマートフォンやテレビなどにも接続でき、さまざまな機器からの音声ストリーミング、ハンズフリー通話も実現します。便利な充電式タイプなら、補聴器をさらに手軽にご使用いただけます。

さまざまなタイプの補聴器 - 補聴器の種類 | フォナック

補聴器の種類

補聴器を選ぶ際、難聴の種類と個々のライフスタイルに対応するため、補聴器には多様な種類があるということを理解する必要があります。

現在お取り扱い中のフォナックの補聴器については、「すべての製品」のページを参照してください。次の分類は、最も一般的なモデルを対象としています。

適正な価格の補聴器 | フォナック

耳かけ型(RIC)

RICタイプは小型で目立ちにくく、つけ心地も快適です。補聴器本体は外耳の裏に収まり、レシーバは耳の内部に入ります。レシーバは補聴器本体とは分かれており、ワイヤで補聴器本体とレシーバを接続します。SPシェルを使用することで、より安定感と聞こえやすさがアップします。

耳かけ型(BTE)

BTEタイプは電池交換などの操作がしやすいことと、幅広い聴力に対応していることが特長です。補聴器は外耳の裏に収まり、音声は耳せんまたはイヤモールドに取り付けられた小さなチューブを介して、補聴器ユーザーの耳に直接送信されます。一般的に BTEタイプは他の種類の補聴器と比較して大型になりますが、パワーが必要な聴力の方にはこちらのタイプが最適です。

耳あな型(ITE)

その名の通り、耳あなに収まる小型の補聴器です。フォナックでは、全て一台ずつオーダーメイドでお作りしています。耳あなの奥まで入り外から見えにくいIICタイプから、より耳あなにすっぽり入って目立ちにくいCICタイプ、大型でパワフルなフルシェルタイプまで、様々な種類をご用意しています。

bnr_sitetop

bnr_blog

補聴器の購入

フォナックは、軽中等度の難聴に加え、 高度~重度の難聴の方を対象とした、さまざまな機能および出力レベルの画期的な補聴器を幅広くご用意しております。充電式補聴器や Bluetooth® 対応の補聴器をはじめ、その他のタイプの補聴器も取り揃えています。詳細は、補聴器の概要を参照してください。

補聴器の専門家が、一人ひとりのお客さまのニーズに合わせた最高のソリューションをご提案します。こちらの「補聴器販売店を探す」より、お近くの補聴器販売店をご確認いただけます。

補聴器 - 聞こえのソリューション | フォナック

初めて補聴器をお使いになる方

補聴器を初めて使用する方の多くは、1日を通じて変化する聞こえのトラブルを改善し、よりスムーズにコミュニケーションを取りたいと願うものです。補聴器の使用経験が少ない方々を考慮したモデルでは、まずは使いやすさを念頭に、音の美しさをもう一度体感し、再発見できるようデザインされています。

使用経験がある補聴器ユーザー

補聴器の使用経験がある方の場合、すでに補聴器を使用することのメリットを理解されていることでしょう。しかし新しい補聴器に対しては、まだサポートが必要な場合もあります。補聴器性能の向上やアプリによる操作性の向上など、新しいメリットと技術の発展により、長期装用者の方々に新たな可能性をご提供します。

お子さまおよびティーンエイジャー

さまざまな年齢のお子さまの場合は、それぞれニーズが異なり、補聴器を選ぶ際にサポートが必要です。お子さまは一般的に、乳幼児、学齢児童、ティーンエイジャーの3つのグループに分けられます。聞こえの課題や生活への潜在的な影響はそれぞれ異なりますが、フォナックは総合的なアプローチですべてのレベルに対応します。

パワータイプ補聴器ユーザー

パワータイプ補聴器専用の最新技術により、補聴器ユーザーが話者の近くにいる場合において、かん高い音の可聴性が向上し1、2、優れたことばの理解3、4、5が可能になりました。しかし、補聴器ユーザーが話者から離れたり、雑音レベルが高くなったりすると、聞き取るのが難しくなります。フォナック ナイ―ダ補聴器にロジャー マイクロホン技術を組み合わせることにより、音環境に関わらず、パワータイプ補聴器ユーザーのことばの理解を向上させることできます。

新製品

補聴器用フォナック ワイヤレスアクセサリ

ワイヤレスアクセサリー

補聴器の性能を高め、補聴器だけでは聞き取りが難しい環境で聞こえを助けてくれるツール

さらに詳しく

お近くのフォナックの補聴器販売店を探す

お近くの補聴器販売店を探す

次のステップに進み、補聴器販売店に相談する

 

補聴器販売店を探す

脚注

1 Rehmann, J., Jha, S., and Baumann, S. (2016). SoundRecover2 – the adaptive frequency compression algorithm. Phonak Insight, retrieved from www.phonakpro.com/evidence, accessed January 14, 2021.
Bohnert, A., Nyffeler, M., and Keilmann, A. (2010). Advantages of a non-linear frequency compression algorithm in noise. Eur Arch Otorhinolaryngol, 267(7), pp 1045–1053.
3 Paluch, R., Latzel, M. and Meis, M. (2015). A new tool for subjective assessment of hearing aid performance: Analyses of Interpersonal Communication. ISAAR proceedings, Nyborg.
4 Phonak, (2011). Naída S and Zoom Technology- state of the art directionality for power users. Phonak Field Study News, retrieved from www.phonakpro.com/evidence, accessed January 21, 2021.
Latzel, M. and Appleton-Huber, J. (2018). StereoZoom provides benefit to those with severe hearing loss. retrieved from www.phonakpro.com/evidence, accessed January 21, 2021.
6 Stewart, E. & Woodward, J. (2021). Out of the (Head) Shadow: A Systematic Review of CROS/BiCROS Literature. Manuscript in preparation.
7 Appleton, J. (2020) AutoSense OS 4.0 - significantly less listening effort and preferred for speech intelligibility. Phonak Field Study News retrieved from www.phonakpro.com/evidence, accessed February, 2022.
Latzel, M & Hobi, S (2022) ActiveVent™ Receiver provides benefit of open and closed acoustics for better speech understanding in noise and naturalness of own voice perception. Phonak Field Study News retrieved from www.phonakpro.com/evidence, accessed May 2022
Thibodeau L. M. (2020) Benefits in Speech Recognition in Noise with Remote Wireless Microphones in Group Settings. Journal of the American Academy of Audiology, 31(6), 404–411.


*水深最大50cm
**バート P-312のみ
***オーデオ マーベルと比較時
****クロス システムを使用する場合と使用しない場合の比較