補聴器とアクセサリー

あらゆるニーズに対応するフォナックのソリューション

シンプルで優れたソリューションをあなたに

難聴に阻まれずどこにでも好きなように行ける自由、これは充実した人生を送る方にとって大切なことです。私たちフォナックが補聴器のプラットフォームを開発する際は、この考え方を大切にしています。

フォナックでは、いつでもどこでも最高の聞こえを提供すると同時に、自動的かつ簡単に日々の生活に取り入れられる補聴器を生み出すことを目標にしています。

補聴器のしくみ

 

補聴器には、単なる音の増幅でなく、失われた音を聞こえるようにするための技術が搭載されています。特定の方向や特定のタイプの音を強調したり、ノイズをカットしたり、周波数を圧縮することにより聞こえをサポートします。補聴器は自動でユーザーの状況を認識し、調整を行います。

最新の補聴器はスマートフォンやテレビにも接続でき、ハンズフリー通話や無数のデバイスからのストリーミングが可能です。補聴器を手間なしで使用できるようにする充電式のオプションもあります。

難聴であることによって制限を受けることなく、好きな場所に行ったり、活動したり、自由な生活を手に入れることは、充実した人生を送るために重要です。フォナックは補聴器の新しいプラットフォームを開発するときに、この考え方を大切にしています。
フォナックは、いつでもどこでも、面倒な操作をすることなく、すぐれた聞こえをあなたにお届けすることを目標にしています。

補聴器のタイプ

 

補聴器には様々なタイプがあります。以下のタイプは最も一般的なタイプです。

耳かけ型 標準タイプ

耳かけ型標準タイプは、すべての技術が詰まった耐久性あるケースを外耳の後ろ側に着けます。音は、小さなチューブまたはイヤーモールドを介して、ユーザーの耳に直接送信されます。耳掛け型標準タイプは一般的に一番大きな補聴器ですが、現状では最もパワフルな補聴器でもあります。

耳かけ型 RICタイプ

 

RICタイプは、標準タイプと同じように外耳に装着します。標準タイプの違いは、スピーカーが外耳に装着するケース部分に収まっておらず、耳の中に入れるイヤーモールドまたはドームの中にあります。ケースとスピーカーはワイヤーで接続されています。標準タイプと異なるこの構造にすることで、RICタイプは標準タイプよりも小さく、軽く、目立たないことが特長ですが、重度難聴の方にはパワー不足となりおすすめが出来ません。

耳あな型

 

耳あな型補聴器は耳の中に収まるサイズです。耳あな型には、耳あなの奥まで入り外から見えない小ささのIICタイプ、耳あなにすっぽり入って目立たず機能が豊富なCICタイプ、操作がしやすく機能豊富で幅広い聴力に対応したカナルタイプなど、さまざまなタイプがあります。

補聴器の購入

 

さまざまなパワーレベルと追加機能を備えた多種多様な最新の補聴器ラインアップからお選びいただけます。軽度難聴から重度難聴の方まで、さまざまな解決策をご用意しています。

さらに 充電タイプの補聴器 や、スマートフォンやテレビにワイヤレスで接続するBlutooth®対応型の補聴器も取り揃えております。

補聴器専門家は、最適な補聴器や解決策を見出すサポートを行っています。こちらより、お近くの補聴器販売店を探すことができます。

また、子供向けの専用ソリューションをお探しの方はこちらをご覧ください。

新製品

補聴器用フォナック ワイヤレスアクセサリ

ワイヤレスアクセサリー

補聴器の性能を高め、補聴器だけでは聞き取りが難しい環境で聞こえを助けてくれるツール

さらに詳しく

お近くのフォナックの補聴器販売店を探す

お近くの補聴器販売店を探す

次のステップに進み、補聴器販売店に相談する

 

補聴器販売店を探す

脚注

1Thibodeau, L. (2014).Comparison of speech recognition with adaptive digital and FM wireless technology by listeners who use hearing aids. American Journal of Audiology, 23(2), 201-210.

Bluetooth® の言葉のマークおよびロゴは、Bluetooth SIG が所有する登録商標です。Sonova AG は、使用許可を得てこれらのマークを使用しています。Bluetooth®は接続状況や携帯電話のBluetooth®のバージョンによって接続できないことがございます。