耳は脳への入口

自分の耳で音を聞いていると常日頃考えていますが、実際には脳で音を聞いています1。耳は環境から生の音を捉えて、音を脳に伝える器官ですが、その脳で聴覚情報は処理されて意味が付与されます。このように、私たちの耳は、聞こえが実際に起こる脳への「入口」とみなすことができます。

アルパイン ホワイト

難聴の子供は「入口の問題」を抱えています。聴覚障害は、軽度のものであれ重度のものであれ、一側性のものであれ両側性のものであれ、音が正常に耳という入口を通って脳へ到達できないことを意味します。

音が脳へ到達する経路 - 耳

お子さまの耳は1人ひとり違います。左右の耳も形や大きさが異なります。耳は、主に外耳、中耳、内耳の3つの部分で構成されています。

音は外耳に捉えられ、外耳道を通って鼓膜に伝わり、鼓膜を振動させます。振動が中耳内の耳小骨に伝わり、それによって音圧が増し、内耳に伝わります。内耳で、小さい有毛細胞が動き、聴覚神経に電気信号を脳へ送るよう指示する化学物質を放出します。電気信号が脳へ伝わると、意味のある音に変換されます。

耳の構造

音から意味を作る場所 - 脳

誕生後の最初の数年で、脳は急激にかつ複雑に発達します。子供の感覚を通して取り入れられたすべての新しい経験が結合し、神経経路が作られます。この経路を強めるには反復が欠かせません。聞こえの場合は、言葉や音を繰り返すことが、子供の脳の発達を助けることになります。

子供が難聴を患っている場合、音はきちんと脳へと伝わりません。そのため、幼少のうちに難聴に対処することが大切なものになります。補聴器やワイヤレスマイクロホンなどの機器を支える技術の目的は、ブロックされていた入口を開けて、聴覚情報を脳へと首尾よく伝えることです。このように私たちは、ヒヤリングテクノロジーをドアを開くための装置であるとみなしています。

参考文献

1 Flexer, C. (2018).耳は脳への情報伝達の入口の1つです。フォナック インサイト2018年2月19日、www.phonakpro.com/evidenceより引用