聞こえをトレーニングする練習

聞こえのトレーニング方法

新しく何かを始めるのは、決して簡単ではありません。調整期間中は、たくさんの新しい音を経験し、疲れてしまうこともあります。ゆっくりと補聴器に慣れていきましょう。成功するためには、もっとよく聞こう、理解しようという前向きな態度と決意が不可欠です。少しずつ聞こえを慣らしていきましょう。補聴器をいきなりコンサートに持ち込んだりしないでください。辛抱強く続けてください。聞こえには、まず経験を重ねていくことが必要です。特に難しい聞こえ状況では経験が重要です。毎日練習すれば、それが実感できます。毎日、人生がもっと楽しくなります。最初は、補聴器を1日数時間だけ装用します。練習時間を毎日少しずつ長くしていきます。ここに記載されている練習に慣れ、必ず正しい順番で実施するようにしてください。

練習1:聞く

初日は、文を声に出して自分に読み聞かせることから始めます。最初は自分自身の声が変に聞こえるかもしれません。この印象は、すぐに消えます。自分の足音や呼吸の音を聞いてみましょう。紙をカサカサといわせたり、電気のスイッチを入れたり、鍵がガチャガチャさせたり、わざと軽い雑音を出してみます。家の中で聞こえる音すべてを書き留めましょう。この音を形容詞を使って説明し(明るい音、暗い音、グラスを叩いたような音など)、その音をどう感じるかを判断します(心地よい、変、面白い、聞き覚えがあるなど)。

練習2:会話についていく

翌日には、この練習を実施してみます。ただし、最初の練習に満足した場合のみです。満足していない場合には、練習1を繰り返します。

時報サービスに電話します。よく理解できた場合には、知り合いに電話してみます。次に、友人や親戚と落ち着いた静かな状況で会話します。長話しないようにし、気長に自分のペースで行います。最後に、静かな状況でテレビ番組を見たり、ラジオ番組を聞いたりしてみます。

練習3:大きな雑音に耐えられるようにする

この練習は、最初の2つの練習が完了してからでなければ実施しないでください。最初からやりすぎないようにします。自信がつき、大丈夫だと思えるまで最初の2つの練習を繰り返します。

騒音環境で会話してみます。背景でテレビを付けたり、少し人通りのあるカフェなどに行ってみます。そのような難しい聴き取り条件での最初のルールは、忍耐強くあること!必ずうまく行きますが、それには数日または数週間かかることもあります。とにかく練習を続けてください。

この練習もしっかり修得しましたか?難易度を上げ、騒音環境で複数の人と話をしてみましょう。

練習4:聞こえを集中できるようにする

これで補聴器を使ってよく聞こえるようになり、多くの難しい状況でうまくコミュニケーションを取れるようになりました。次のステップは、集中力を維持し、注意を怠らない聞き手となることです。騒音のある聞こえ状況では、健聴者でも努力しなければ聞きたいものを聞き、そうでないものを無視するようなことはできません。

聞きたい音に集中し、不要な音や妨げとなる音を無視する練習をしましょう。騒音環境でよく知らない音を特定し、不要な音を無視するように絶えず努力するようにします。すぐに音から音へと意識を集中できるようになります。