補聴器のトラブル対策

Hearing Aids Troubleshooting Infographic


Each part of the amplification system needs to be cared for and properly maintained. Hearing aid care and maintenance should be discussed during the fitting appointment. Usually the audiologist will provide a “hearing aid care kit” for your child along with the hearing aids.These kits consist of accessories which can extend a hearing aid’s life expectancy and provide for long-term trouble-free functioning.
 

If you notice that your child’s hearing aid does not sound like it should, there are several steps you can take to figure out the problem.

1. Check the battery or replace it.

2. Remove the earmold tubing from the earhook.
Listen to the hearing aid and see if it works.
If it does, the problem is in the earmold or tubing.
If it still doesn’t work, the problem is in the hearing aid.

3. Soak the earmold and tube in soapy water
and blow out the tubing using the bulb syringe.
Make sure the tubing is completely dry before
putting it back together.

4. Put the hearing aid in the drying container for a day.
If it still doesn’t work, may have to be sent for repair.
Contact your audiologist for repair services
and the possibility of a loaner.
 

Hearing aids are very sensitive electronic devices. Even the humidity in the air is enough to cause hearing aid problems over time. It is not uncommon for hearing aids to be repaired two or three times a year. Taking care of the hearing aids properly can help reduce the number of times that the hearing aid has to be repaired.

補聴器は各部のお手入れと定期的なメンテナンスが必要です。補聴器のお手入れとメンテナンスについては、補聴器販売店で説明があります。一般的に補聴器販売店では、補聴器と共に、お子さま用に「補聴器お手入れキット」を提供してくれます。このキットには、補聴器の寿命を長くし、補聴器が長期間にわたって問題なく動作するようにするアクセサリが含まれています。

お子さまの補聴器の音がおかしいと思われるときは、次のようにすると問題を把握することができます。

  • 電池残量を確認し、必要に応じて空気電池を交換します。
  • イヤフックからイヤモールドチューブを外します。補聴器の音を聞き、動作するかどうかを確認します。動作する場合、問題はイヤモールドまたはチューブにあります。それでも動作しない場合、問題は補聴器にあります。
  • イヤモールドとチューブを石鹸水に浸し、バルブシリンジを使ってチューブに空気を吹き込みます。組み立てて元に戻すのは、必ずチューブが完全に乾いてからにしてください。
  • 補聴器を乾燥容器に1日入れておきます。それでも動作しない場合は、修理に出さなければならない可能性があります。修理サービスや代替品については、補聴器販売店にお問い合わせください。

補聴器は、非常に敏感な電子機器です。空気中の湿気でさえも、長期的には補聴器に問題を起こすことが十分に考えられます。補聴器を1年に2回や3回修理することも珍しいことではありません。補聴器を正しくお手入れすることにより、補聴器の修理回数を減らすことができます。