難聴の原因

あなたやあなたの大切な人が経験するかもしれない難聴の原因をクイックチェック

あなたやあなたの大切な人が経験するかもしれない難聴の原因と難聴の種類について知ることは、人生を思い切り生きられるようにする解決策を見つけるための最初の一歩です。難聴の経験は、原因や程度がどうあれ不快なものです。しかし現代の補聴器技術のおかげで、いまや難聴は治療可能な病状になりました。

難聴は、大きく2つのカテゴリに分けられます。1つ目は、生まれたときからある遺伝や早産などの原因で生じる先天性の難聴です。2つ目は、生まれた後に病気や耳の損傷などの原因で生じる後天性の難聴です。

私たちは、実際には脳を使って聞いていますが、耳のどこかの部分(外耳、中耳、または内耳)が損傷を受けたり、正常に機能できなくなると、音信号を脳に正常に運ぶことができなくなります。

外耳での原因

これには耳あか、耳管の感染などの問題が含まれ、通常は簡単に対処できます。

中耳での原因

炎症、鼓膜に水が入る、鼓膜に穴が開く、耳硬化症(中耳の骨の硬直)などが、中耳での最もよくある問題です。外耳と中耳の問題のほとんどは、薬物治療または外科手術で効果的に治ります。

内耳での原因

これは、聞こえの問題がもっとも生じる箇所です。もっとも一般的な原因は老化ですが、大音響、何らかの種類の薬物、頭蓋骨骨折なども聞こえに影響を与える場合があります。内耳の微細有毛細胞が損傷を受け、聴覚神経への信号の送信に影響を与えます。通常、内耳の難聴は医学的に対処することはできませんが、補聴器で補正することは可能です。