子供の難聴

未来は子供たちの手の中にある。今から準備を整えてあげましょう。

子供は私達の未来です。

子供が音で溢れる世界に触れられるようにしてあげることで、難聴の子供たちが最良の生活を送る(遊び、学び、人と交流し、コミュニケーションを取り、最終的には成功する)ために必要となる聞こえの能力を伸ばすことができます。

親として、乳幼児や子供の難聴、またそれについて何ができるのか学ぶことは、お子さまの将来に対して最良の決定をするための第1段階となります。お子さまの人生の早い段階で行動することが極めて大切です。

子供は、学校で学ぶ準備として、4歳までに4,500万語を聞く必要があります1

なぜすべての音が大切なのでしょうか?

聴き取りや音声言語(LSL)でお子さまにとって成果があることをお望みになる場合、様々な音に触れさせることが非常に大切です。幼いユーザーが、音声言語や読み書きの能力を伸ばすために、何百万もの言葉や何千時間もの聴き取りを経験することが必要になります。

ある研究では、幼少期から可能な限りの明瞭な音を聞くことで、子供の健全な発話能力、言語能力や社会性が発達する可能性が最大になる、と示されています2

耳は脳への入口

耳を脳への入口として、難聴を入口の問題として捉えるとよいかもしれません。音が脳にきちんと届かない場合、重要な聴覚情報が失われます。実際、聴覚を担当する脳内の部位が時間とともに再編成されることも現実的に起こりうるのです。

子供の聞こえを学ぶ

子供の難聴

子供は注意散漫なため音に反応しないこともあります。とはいえ、反応に一貫性がない場合は、正常な聴力がない兆候かもしれません。お子さまの行動の変化に注目し、聴覚障害を示す手がかりとなるものがないか、確かめてください。

耳の感染症から根本的な遺伝子的原因まで、難聴は数多くの要因によって引き起こされています。難聴は一時的なものもあれば、感音難聴のように永続的なものもあります。この場合、補聴器や人工内耳が役に立ちます。お子さまが適切な治療を受けられるようにさらに学んでください。

子供の難聴、種類および原因

子供の聴力検査

お子さまの聞こえは様々な手法で検査ができます。聴力検査の主な目的は、難聴の重症度と種類を判断することです。

子供に実施可能な聴力検査

ロジャーの技術によって、子供は1日8時間でさらに最大5,300語まで聞くことになります。

一緒に、お子さまの人生を変えるお手伝いをします。

フォナックは、子供たちの聞こえのニーズと、子供たちが周囲のすべての音に最適な形で触れさせてあげることの大切さを深く理解しています。フォナックは、小児言語聴覚学分野で45年以上にわたり蓄積されてきた専門知識を有し、第一線で活躍する小児専門医、聴覚の専門家、教師の方々と密接に連携し、次世代のための革新的で総合的なソリューションを生み出しています。

http://www.phonak.jp/children/

参考文献

1 Hart, B. & Risley, T. (1995).米国の若い子供たちの日常体験における重要な相違Baltimore, MD:Paul H. Brookes Publishing.

2 McCreery, R. W., Walker, E. A., Spratford, M., Bentler, R., Holte, L., Roush, P., & Moeller, M. P. (2015).乳幼児の言葉の可聴性支援の長期的な予測因子Ear and Hearing, 36 Suppl 1, 24–37.

3 Benitez-Barrera, C., Angley, G. & Tharpe, A.M. (2017).自宅でのリモートマイクロホンシステムの使用:介護者の会話の影響。発表用に提出された草稿。