補聴器に対する現実的な期待

補聴器ができることとできないことを理解することは非常に重要です。補聴器は、すべての周波数レンジで難聴を補うことができます。補聴器では弱い音を大きくし、中程度の音を快適にし、大きな音を大きくなりすぎないようにしています。補聴器は、聞こえを正常にすることはできません。脳にとって有用であるように音を大きくすることをします。

コミュニケーション能力

軽度難聴のお子さまでも、正しい補聴器やサポートがなければコミュニケーションの発達が遅れる可能性があります。最も重要なのは、お子さまが起きている間は常に補聴器を装用しているようにすることです。補聴器だけでは、お子さまの言語能力を確実に発達させることはできません。赤ちゃんはさまざまな音を覚えていく必要があります。お子さまの脳が言語の解釈方法を学べるようにするためには、「聴覚刺激」を与えることが非常に重要です。お子さまに語りかければ語りかけるほど、お子さまは聴き取りの経験を積んでいくのです。お子さまの経験が豊かなほど、コミュニケーション能力を発達させる可能性が高くなります。

コミュニケーションの目標

はじめに、お子さまに対してどのようなコミュニケーション方法を使用するかを決定します。お子さまにコミュニケーションの取り方を教える方法はたくさんあります。どの方法を選んでも、お子さまにコミュニケーションの取り方を教えるのは簡単ではありません。専門家は、お子さまの能力を考慮して、親の希望に沿った現実的な目標設定を支援してくれます。次のそれぞれの目標を読み、どれがご自身にとって重要かを決めてください。ここにあげられていない他の目標をお持ちかもしれません。お子さまの進歩具合によって、目標と期待が時間とともに変わる可能性もあることを理解しておいてください

  • 子供には、さまざまな状況で、自分の希望や要望を私や家族、友人に伝えられるようになってほしい。
  • 子供には、自分自身で選択ができ、生産的な社会の一員となる大人に成長してほしい。
  • 子供には、能力に合った意義のある教育を体験してほしい。
  • 子供には、難聴のある人とも難聴のない人とも、意義のある関係を築いてほしい。
  • 子供には、言語を使用して家族や他の人とコミュニケーションが取れるようになってほしい。
  • 子供には、手話を使用して家族や他の人とコミュニケーションが取れるようになってほしい。