補聴器と音楽

フォナックの補聴器ならお気に入りの音楽を1ビートたりとも聞き逃すことはありません

史上最高の小説家の一人であるトルストイはかつて、「音楽とは、感情を省略して表現したものである」と言いました。そして私たちのほとんどにとって、音楽を聴くことができるのは、まさに人生の大きな喜びの一つです。そして多くの場合、当たり前とみなすものでもあります。

程度によらず、何らかの難聴になった場合、音楽を聴くことが、かつて行っていた行為と同じものではなくなってしまいます。私たちが音楽を聴く方法は、主観的であり個人的なものであって、そのため補聴器を通じて正確かつ自然に再現することは困難です。ですが嬉しいことに、お気に入りの音楽をかつてのように聴く、その方法に手が届くようになりました。フォナックの最新の補聴器はことばの語韻明瞭度と音質を優先します。特別な研究に基づいた設定で、ここまで音楽に理想的な音に近づいたと評価される補聴器は今までありませんでした。*

 

スチュー・ナナリーさん

歌手として、自分の声のより多くの側面を聴けることはまったく別の意味を持ちます。

Open Ears

スチューさんの体験をもっと読む

フォナック内外からの人々の声

詳細を読む

フォナック テレビリンク

フォナック テレビリンク

補聴器をワイヤレスのステレオヘッドホンに変える

さらに詳しく


脚注

* Hearing aids and Music Legarth, Zacharov Latzel and Küehnel, published Audiology Online December 2014