コミュニケーションでの聞こえの大切さ

私たちがなぜ聞く必要があるのかという核心

聞く、聞いてもらう
聞こえる音が明瞭なほど、自分を理解してもらえるようになります。声は私たちと世界をつなぐものです。声によって友人、家族、周りの人たちとやり取りができます。これが生物として、私たちが「つながる」手段なのです。しかし聞こえない場合、声は何の役に立つのでしょうか?

私たちは皆つながっている
笑顔にできるような音はたくさんあります。大切な人からの電話、幼い姪がクスクス笑う声、またはリビングルームに集まった友人のお喋りの声。これらは聞き逃したくない音です。

私たちは皆、帰属感を求めています。帰属しているとわかると、受け入れられたという安心感を覚えます。やり取りができることは私たちの毎日の生活の一部であり、大きな枠組みで見れば、私たちは皆つながっているのです!

聞く、聞いてもらう

信号を受信しよう!
ラジオでお気に入りの曲が聞こえたり、海岸にそっと押し寄せる海の音が聞こえると、時間の中の特定の場所に連れ戻され、懐かしい思いでいっぱいになります。

待つことはない、参加しよう!
よりよい聞こえへの最初の一歩を踏み出すのが早ければ早いほど、早く音を聞き逃さないというメリットを楽しめます。周りの音を再発見し、本当に大事なものと常につながりましょう。

音量を上げ下げする

音量だけが答えではない

自宅のテレビの音量が気になりますか?音が大きくなったり小さくなったり、高くなったり低くなったりすることにうんざりしていますか?
そのようなことに我慢する必要はありません。技術によって、テレビの音量に関するあなたとご家族の好みの違いを埋めることができます。

フォナック テレビリンク

フォナック テレビリンク

テレビ鑑賞を最大限に活用し、補聴器をワイヤレスのステレオヘッドホンにします。

さらに詳しく