耳鳴り

耳の中で鳴っている音

耳鳴り

定期的なケア

まず耳鳴りの定義から始めましょう。耳鳴りは「外部に音がない状態での音の認知」1と定義できます。この定義が意味するのは、基本的に耳の中でのキーンという音やヒューヒューいう音、虫が飛んでいるような音などがその人にだけ聞こえているという状態です。

推定で10~15%の人が耳鳴りを抱えていますが2、そのほとんどの人が治療を受けていません。これは情報が不足しており、ほとんどの人が支援してくれる人がいることを知らないためです。一部の症例はさほど深刻ではありませんが、中には長く続くと思われる影響を克服するために具体的な治療が必要な症例もあります。発生する原因は、睡眠障害や集中力への障害、ストレスや引きこもりまで、さまざまです3

耳鳴りの症状

耳鳴りはしばしば単に鳴っている音だと説明されますが、虫が飛んでいる様な音からハミング、シューという音、または一般的なノイズとして表れる可能性があります。音は一定または断続的で、片耳または両耳から聞こえることもあります。

耳鳴りのタイプ

耳鳴りは通常、症状を感じる人だけに聞こえますが、耳鳴りの音が外部から確認できる稀なケースもあります。この現象は「客観的な耳鳴り」4 と呼ばれ、一般的に本人しか音を確認できない「主観的な耳鳴り」に対比されます。

耳鳴りは、その音の特性によってさらに区別することができます:

音調の耳鳴り vs 非音調の耳鳴り

音調の耳鳴りは、特定の周波数における多かれ少なかれ連続的な音を指しますが、非音調の耳鳴りは、シューという音やクリック音が特徴です。

脈打ち型耳鳴り

脈動する耳鳴り-多くの場合、症状を感じる人の心拍と同期しています。

ミュージカル耳鳴り

「ミュージカル耳症候群」としても知られており、音が常にループする曲の形で表れる耳鳴りです。

耳鳴りの原因5

耳鳴りの最も一般的な原因の1つは、内耳の有毛細胞の損傷です。これは騒音にさらされたり、加齢により引き起こされます。有毛細胞は人の聴覚と切り離せない関係であるため、耳鳴りはしばしば難聴と同時に発生します。

その他耳鳴りの一般的な原因:

  • 耳の感染症(中耳炎など)
  • 内耳の状態(例:メニエール病)
  • 薬の副作用(例:抗生物質)
  • 耳垢の閉塞
  • けが
  • 血管障害

耳鳴りの軽減

耳鳴りの治療

何百万人もの人々が耳鳴りの苦痛を経験していますが、耳鳴りをコントロールして不快感を軽減する方法を知っている人は、まだほとんどいません。耳鳴りの治療法は存在しませんが、カウンセリングや上手な付き合い方など、さまざまな効果的な取り組み方があるのでご安心ください。

サウンドセラピー

サウンドセラピーは、耳を覆うような音や注意を逸らすようなの音を提供することで、耳鳴りへの意識を減らすことを目的としています。時間の経過とともに、耳に対する注意の欠如によって、脳は耳鳴りを無関係として再分類して背景音に溶け込ませるようになり、耳鳴りを無視するように再訓練されます。

耳鳴りと補聴器

耳鳴りが難聴と同時に発生する場合は、一般的に、聴力を改善させて耳鳴りへの意識を低下させると効果的です。フォナックの補聴器は、サウンドセラピー用のサウンドを用いて耳鳴りのある人々に追加のサポートを提供する体制も整えています。

その他

  • 薬を見直す:一部の薬は耳鳴りに悪影響を及ぼす可能性があります。医師に相談して、薬と耳鳴りの間に関連があるかどうかを確認してください。
  • アルコール、カフェイン、ニコチンの摂取を減らす:アルコールやコーヒーを飲むだけでなく、タバコを吸うことは、耳鳴りに悪影響を及ぼすことが報告されています
  • ストレスを軽減する:ストレスは耳鳴りを悪化させる可能性があります6 。運動、瞑想、その他のリラクゼーション療法、および十分な睡眠は、ストレスを軽減するために効果的な方法です。

耳鳴りの治療法

まずは、最寄りの耳鳴りの専門家に相談して詳細を確認してください。

安心

効果的なアプローチ

何百万人という人々が耳鳴りによる苦痛を体験していますが、この不快な症状から解放されるために使用できる方法を認識している人はごくわずかです。耳鳴りを治癒することはできませんが、さまざまな効果的な形式のカウンセリングと治療が受けられることを知れば、ご安心いただけるでしょう。まず取り掛かるアクションは、お近くの耳鳴りの専門家に話して、より詳しい情報を得ることです。