キーンという音を忘れる

コントロールする

耳鳴り

定期的な処置

まず耳鳴りの定義から始めましょう。耳鳴りは「外部に音がない状態での音の認知」と定義できます。この定義が意味するのは、基本的に耳の中でのキーンという音やヒューヒューいう音、虫が飛んでいるような音などがその人にだけ聞こえているという状態です。

推定で10~15%の人が耳鳴りを抱えていますが、そのほとんどの人が治療を受けていません。これは情報が不足しており、ほとんどの人が支援してくれる人がいることを知らないためです。一部の症例はさほど深刻ではありませんが、中には長く続くと思われる影響を克服するために具体的な治療が必要な症例もあります。発生する原因は、睡眠障害や集中力への障害、ストレスや引きこもりまで、さまざまです。

とても安心

効果的なアプローチ

何百万人という人々が耳鳴りによる苦痛を体験していますが、この不快な症状から解放されるために使用できる方法を認識しているのはそのうちのごくわずかです。耳鳴りを治癒することはできませんが、さまざまな効果的な形式のカウンセリングと治療が受けられることを知ればご安心いただけるでしょう。いったんそれに気づいたら、まずやることは、お近くの耳鳴りの専門家に話して、より詳しい情報を得ることです。

耳鳴りの治療

耳鳴り管理の背景にある原理

耳鳴り管理の目的は、患者さんの耳鳴りへの集中を減らすことを支援し、安心を届けることです。

さらに詳しく