補聴器を付けながら交流

アクティブに生活しよう

愛する人と楽しくデート

難聴だからと言ってライフスタイルを変える必要はありません。

夜に街に出かけるのは、楽しみよりもストレスを感じそうですか?難聴を理由に、配偶者や大切な人が家族の集まりや社交的な集まりを避けていますか?もしそうなら、今こそ何とかするときです。

難聴を抱える人は、社交的な状況ではあまり自信がないことがあります。パートナーや大切な人が自分の耳になるように他の人を頼るようになってきたら、人間関係にもマイナスの影響となることがあります。

幸運にも問題に対応する方法はあります。コミュニケーションは重要です。まず最初のステップはそれについて話をすることです。

さあ耳を傾けてみましょう!

 

聞こえや相手と理解し合うことは、自分と周りの世界への重要なつながりです。新しい技術が騒々しい状況での聞こえを改善します。

今日の補聴器技術の進歩に伴い、聞こえの大きな改善をサポートする実証済みの方法はたくさんあります。音の環境、種類、また難聴の程度に関わらず、再びよい聞こえを取り戻すソリューションがあります。