難聴を抱える人への話しかけ方

サポートシステム

ある程度の難聴を経験していることを大切な人に理解してもらうためにはさまざまな方法があります。最初の質問にはいろいろな反応が考えられるため、少し大変かもしれません。一般的に気が進まないものですが、あなたのサポートが欠かせません。長期的には、それだけの価値があります。

会話を始める

聞く、手伝う、繰り返す。

会話を始めるのに役に立つヒントをご紹介します。

1 最適な場所を選ぶ
プライベートな環境で、背景雑音のない快適な場所を選びます。

2 はっきりと話す
あなたの顔がきちんと見えるようにして、はっきりと話します。

3 思いやりを示す
自分が難聴を抱えていることを認めたくない人もいます。技術の進歩によって、どれだけ補聴器の外見や性能が変わったかを説明するといいでしょう。

4 普段の仲間との会話で、難聴がどう影響しているかを共有する
難聴を抱える人の配偶者や家族が代弁者役に回る必要があります。もう1つの要素としては、難聴を抱える人は助けを求める叫びが聞こえないかもしれないという危険です。こうしたシナリオを説明すると、話題が明確になり、大切な人がよりよい聞こえを目指して、対策を講じるように奨励することができます。

5 難聴治療の緊急性を伝える
難聴が原因の症例は数多く確認されています。聴き取りが難しい状況では、他人とやり取りするのが難しいために社会的に引きこもりがちになり、出かけるのを避けようとする人もいます。他にも、鬱や認知機能の低下などがあります。運動と同じように、聞こえは脳を活性化させます。家族や友人が難聴に関する障害を乗り越えるのを支援することが何よりも重要です。

このプロセスで、パートナーとなりましょう。共に旅をし、音を発見しましょう。

話をして本当によかったと思います。私たちの関係は大きく変わりました。