難聴を患うお子さまの支援

聴き取りや音声言語(LSL:Listening and Spoken Language)でお子さまにとって成果があることをお望みになる場合、難聴の診断後できるだけ早急にヒヤリングテクノロジーを選択し、装用していただくことを推奨します。

お子さまを支援するためにできること

適切な補聴器をお子さまに装用させるといった技術的な側面以外に、お子さまが読み書きや社会性を学ぶ最高の機会を作り出すために、毎日簡単にできることがいくつかある点をお伝えしたいと思います。

  • 補聴器を装用し続ける

    - お子さまがフィットした補聴器を継続して装用する場合(1日少なくとも10時間の装用)、発話および言語能力についてより良い成果がもたらされます1

  • 会話の機会を増やす 
    -
    重要な期間である幼少期により多くの話し言葉に触れると、子供の成長過程において、学校で必要とされることや必要な言語能力を身に着ける十分な準備ができます2。お子さまをできるだけ多くの言葉に触れさせ、可能な限り豊かな言葉の環境(歌ったり、おしゃべりしたり、物語を読んだり、童謡を覚えたり、音楽を聞いたりするなど)を与えてください。

  • 音読する
    -
    人間は生来、聞いたり話したりしますが、読むことは生まれながらのものではありません。したがって、お子さまに音読してあげることは非常に重要なことです。物語の本は子供の語彙に大きく寄与します。そのため、物語を語り聞かされている子供たちの方が、新しい言葉の習得数が2倍以上多いことが分かっています。読むことでまた、難聴を患う子供たちは新しい考えや概念を学び、会話力を伸ばすことができます。

  • 音楽を一緒に聞く
    -
    すべての赤ちゃんは、難聴の赤ちゃんも含めて音楽に自然と引きつけられます。音楽は幼少期の聞こえの技能の助けとなるだけでなく、言語や学習機能をつかさどる脳内の聴覚中枢を発達させる助けとなります。幼少期に絶えず音楽活動に従事することで、騒音の中でお子さまの聞く能力が向上します。

お子さまを支援できるのはどのような人なのか

経験と資格のある聴覚医療の専門家が、お客さまとそのご家族をサポートしガイダンスを提供いたします。お子さまを支援する過程の中で、以下のような様々な専門家に会うことになります。

  • オーディオロジスト - 聞こえの技術の訓練を受けた医療専門家オーディオロジストは、難聴の予防、評価、治療に関したサービスを提供します。
  • 耳鼻咽喉科医 - 耳、鼻、喉の状態を診断し、治療する専門医
  • 言語聴覚士 - 言語障害の予防、評価、治療に関したサービスを提供するために訓練を受けた医療専門家
  • 補聴器の取扱業者 - 補聴器の選択やフィッティング方法に関して訓練を受けた医療専門家

有用なリソース

フォナックは、お子さまが健康に育ち、能力を最大限に発揮できるように、お子さま、ご両親、医療提供者の皆さま向けにオンラインでのサポートとリソースを開発しています。そのため、お客様とお子さまが心細い思いをすることはありません。

小児用聞こえのソリューション

小児用聞こえのソリューション

子供は1人ひとり違います。幅広いフォナック小児用の商品群で、どの子供にもソリューションが見つかります。

小児ソリューションに関する詳細

レオの世界

レオの世界

かわいくて親しみやすいマスコットのレオのおかげで、難聴を患っていたり、補聴器を使ったりしている子供たちはストレスを感じずに済みます。レオの世界はお子さまにとって温かく迎えてくれる場所です。

レオの紹介

HearingLikeMeオンラインコミュニティ

実際の人々。実際の体験談。

HearingLikeMe.comは、難聴が生活に支障をきたしている人々のオンラインコミュニティです。世界中から寄せられた様々な体験談は、どんな難聴の状態にあっても希望をもたらします。

HearingLikeMeをご覧ください

子供の発話能力、言語能力、聴き取り能力の発達を刺激

聴き取りが以前よりもずっと楽しく

Listening Room™(リスニングルーム)には、難聴の程度に関わらずあらゆる年齢の子供の発話能力、言語能力、聴き取り能力の発達を支援・刺激する、無料の楽しいアクティビティやリソースがたくさんあります。

今すぐリスニングルームを試そう

脚注

1 McCreery, R. W., Walker, E. A., Spratford, M., Bentler, R., Holte, L., Roush, P., & Moeller, M. P. (2015).乳幼児の言葉の可聴性支援の長期的な予測因子Ear and     Hearing, 36 Suppl 1, 24–37.

2 Dehaene, S. (2009).脳における読字人間の発明の科学と進化New York, NY:Viking.