難聴の子供に対するコミュニケーション方法

これから何日も何か月もかけて、家族はお子さまが自分の要望を表現し、周囲とやり取りしていくのをどう支援していくかについて決断することになります。赤ちゃんとコミュニケーションを取るさまざまな方法について学ぶことが重要です。この過程では、早期介入者や言語療法士がお手伝いできます。お子さまにコミュニケーション能力をどう教えたらいいか、ご家族にとって一番いい方法で支援してくれます。

コミュニケーションの選択

子供は、すべての感覚を使って周囲の世界を体験することで、早い時期に言語を覚えます。目や耳を使って、誰かが伝えようとしていることを理解します。1つの感覚に多く依存して学ぶ子供もいます。補聴器や人工内耳による聞こえに、ほとんど依存する子供もいます。目に多く依存する子供もいます。お子さまにコミュニケーションの取り方を教える方法は、お子さまが自分の感覚の使い方をどう学んでいくかに影響します。

赤ちゃんにコミュニケーションの取り方を教える方法は複数あります。どの方法も、子供の自尊心を最大にするように考えられています。これらの方法はまた、友人、家族、コミュニティとの子供の社会生活順応能力を最大にします。どの方法でも、成功するための最も重要な要素は家族です。家族は子供にとって初めての、最も重要な教師です。方法を子供だけに教えていると、子供を家族から隔離することになります。家族も一緒になって行うことで、言語学習時間を1日24時間、毎日に増やすことができます。親とお子さまの早期介入チームは、お子さまに対して、話す、手話を使う、またはその両方を教えるかどうかを決めます。早期介入チームは、お子さまの学習体験に関する決定をするのを支援してくれます。こうした方法は、あなたのコミュニティの文化に影響されます。また、あなたのコミュニティのサービス提供者やリソースにも影響されます。

音声/言語

音声言語アプローチでは、話し言葉を教えることを重視します。子供は、状況から得られる手がかり、聞こえ、読唇によって話し言葉を理解し、使うように教えられます。目標は、お子さまが通常の公立学校に入学するために必要な口語能力を身に着けさせ、自主的に行動できるようにすることです。

この方法では、補聴器や人工内耳の継続的な使用を重視します。また、読話など自然に発生する会話の手がかりとともに、口語を重視します。読話では、顔、体、そして環境から視覚的な情報を使用して、話し言葉の理解を支援します。

これは、口語が読み書き能力の発達を支援するという考え方です。優れた読み書き能力は、あらゆる学問において重要です。口語能力における日常的な個々の指示には、小さな教室を使用します。教師は、あらゆる教室アクティビティで、話し言葉によって指示を出します。

音声/言語

聴覚言語(AV)アプローチの考え方は、難聴の程度に関わらず、どの子供も聞く能力を発達させ、口頭でのコミュニケーションを使えるようになるという前提に基づいています。

この方法は、通常の神経発達モデルに基づいています。体と脳は五感すべてを同じように使って学習するようにできている、という考えに基づくものです。技術を使用して聴覚を向上、発達させ、「わずかな期間」の中で情報を受け取って学びます。聴覚/言語方法では、聴覚発達階層に従って音認識、検知、特定、区別の能力を教えます。AV療法士は、早期介入者、ろう者の教師、オージオロジスト、または言語聴覚士である場合があり、特殊訓練を必要とします。家族はセラピーセッションに積極的に参加します。

キュードスピーチ

英語の発音では、唇だけ見ていると同じように見えるものがあります。鏡を見ながら/p/、/b/、/m/の音を出してみましょう。キュードスピーチでは、手ぶりを使って聴覚情報と視覚情報を補完します。手は話し手の顔の近くで動かし、聞き手に特定の言語音がわかりやすいように、英語の音を視覚的に表すようにします。子供が読唇能力を駆使できるように、見た目が似ているときに音の区別ができるように、家族は手の位置を覚えます。

キュードスピーチでは、8種類の手の形を4つの異なる位置 (これをキューと言います) で使用します。これを、話すときの自然な口の動きと組み合わせることで、話し言葉の音すべてを区別することができます。これは、音を基本とした視覚コミュニケーションシステムとして知られています。キュードスピーチは、言語発達、発話発達、読む力、コミュニケーションを促進するために使用されます。このアプローチは他のアプローチとも併用でき、世界55以上の言語、方言に適応しています。キュードスピーチの使用では口に注目することで、言葉や文の中の音を強調し、聴覚と視覚の使用の中に運動活動を組み込んでいるのです。詳細は、キュードスピーチ基金をご覧ください。

同時コミュニケーション

同時コミュニケーションとは、手話と口頭英語を同時に使用することを言います。手話で表される言葉と、話される言葉が同時に発生します。この方法は、自閉症やダウン症の子供に言語を教えたり、健聴な赤ちゃんの言語発達を促進するために使用されてきました。この方法を選んだ場合、お子さまに話しかける時には常に手話を使うことが重要です。手話クラスは、コミュニティ、地域の大学、成人教育などで定期的に提供されています。

英語対応手話

英語対応手話(SEE)は、英語のすべての言葉を視覚的に表すように開発された手話システムです。これは英語の逐語的な手話通訳です。アメリカ手話(ASL)は英語とは異なるため、単語や語順は異なります。SEEの目的は、子供たちが英語で何と言われたのかがはっきりとわかるように、ASLの語彙を補完することでした。SEEは、1970年代初期に開発されました。ASL手話を基本とし、単語、接頭辞、時制、語尾により拡張されることで、英語という言語を明確かつ完全に示すことができます。英語を話す親にとって、手話システムを覚えるのは簡単かもしれません。なぜなら、語順に慣れているからです。70年代には、難聴の子供を教育する公立学校で手話の使用を追加しようという動きがありました。1978年までには、SEEが米国の公立学校で最も広く使用される英語手話システムとなりました。

SEE手話は、話し言葉の英語のあらゆる部分と一致するため、残存聴力と読話を最大限に活用することが奨励されます。SEEは、視覚的にイントネーションを示すため、ASLの機能を取り込むことを奨励しています。このオプションは、S.E.E.センターによって支持されています。

トータルコミュニケーション

トータルコミュニケーションでは、あらゆるコミュニケーション手法が同時に使用されます(話し言葉、英語対応手話、聴覚訓練会話、読話、読唇、指つづりなど)。子供には、聴覚と視覚両方の形式で情報が提供されます。これにより、子供は自分のニーズに一番合った情報を使用することができます。

トータルコミュニケーションの目的は、子供が視覚的言語の基本にアクセスできるようにすると同時に、話し言葉の発達と使用を奨励することです。アメリカ手話(ASL)や英語(手話または口語)では、子供がしっかりした言語の基本を発達させることができないと懸念する人もいました。現在、トータルコミュニケーションという言葉は、同時コミュニケーション(話しながら手話を使うこと)とよく混同されます。

手話

世界には117種類以上の手話があります。各国内では、口語英語と同じように、手話にもさまざまな方言があります。手話システムはさまざまで、用語も異なるため、手話システムを模索するのは非常に煩雑になることがあります。

たとえば、口語英語との併用を目的に開発された手話には、他にも多数のシステムがあります。これらのシステムは総称して、英語対応手話(MCE)、手話支援発話(SSS)、手話支援システム(SSS)、または手話支援と呼ばれますが、単に手話と口語の両方を使ってコミュニケーションするシステムを指します。

手話についての詳細は、早期介入チームまたは言語療法士にお尋ねください。

お子さまとのコミュニケーションの取り方に関する詳細は、こちらをクリックしてください。