お子さまに補聴器の使用を勧めるためのコツやヒント

幼い乳児は、多くの時間を寝て過ごし、この間は補聴器は装用しません。しかし、赤ちゃんが成長すると起きている時間が長くなり、この時間は補聴器の使用が重要となります。当然ながら、最初の自然な反応は驚きであり、補聴器を外そうとします。しかし、補聴器が適切に調整されている限り、大半の赤ちゃんは補聴器を外そうとはしません。

赤ちゃんが音と意味と関連付けられるようになると、補聴器を外そうという動作は薄れていきます。実際、赤ちゃんは周りで何が起きているかを聞きたいと思っているため、補聴器を外すと泣くことがあります!

まずは補聴器を毎日の生活の一部として確立し、初日から、朝に補聴器を挿入したら寝る時間まで装用して、子供が常にことばを聞きとれるようにします。親は、一日中子供たちに話しかけています。おはようと言ったり、あらゆる動作(シャワーを浴びる、着替えるなど)について話したりしています。早期から補聴器を装用することで、親と子供は日課のルーチーンを確立することができます。これが子供が親の声を聞こえるようになるカギです。そのような穏やかな瞬間に補聴器を装用することで、親も子供も補聴器に肯定的なイメージを持つことができます。

お子さまが補聴器を頻繁に外すようになったら、対策の一つとして、補聴器の動作確認をしてください(補聴器は動作しているか、スイッチは入っているか、耳あかや水分などがチューブを詰まらせていないかなど)。それでもお子さまが補聴器を外すようであれば、補聴器のチェックについて聴覚専門家と話し合いましょう。補聴器が適切に設定されている限り、身の回りの音が聞こえてくるのですから、お子さまは補聴器の装用を喜ぶはずです。

大きくなった幼児や未就学児童は、カラフルなイヤモールドや補聴器を欲しがるかもしれません。イヤモールドには多彩な色やパターンが用意されています。お子さまに自分の色を選ばせてあげると、お子さまが補聴器選定の意思決定プロセスに参加することができます。もっと大きな子供にとっては、補聴器が自分のものであるという感覚と責任感を感じることが目標です。多くの場合、子供たちはいろいろな色のイヤモールドやパターンを試していきます。蛍光色やストライプ、キラキラ光るものもあります。多くの補聴器が様々なカラーを選べます。色または柄の付いたステッカーで補聴器のケースをデコレーションできるものもあります。

子供用の特別な本を用意している製造業者もあり、難聴に関する情報が子供の視線で説明されています。子供用の補聴器お手入れキットには、親が子供の補聴器をお手入れするのに必要なツールすべてが含まれています。こうしたお手入れキットには、本、ステッカー、おもちゃなどが付属していることがよくあります。

お子さまが補聴器の装用を頻繁に拒否する場合は、聴覚専門家にに以下の項目をチェックしてもらってください。

  • 聞こえの状態
  • イヤモールドの取り付け具合と状態
  • 耳の上でのフックと補聴器の取り付け具合(小児用のイヤーフックを使用しているか、耳の後ろにぴったりと取り付けられているかなど)
  • 補聴器の機能と設定
  • 外耳道の耳あかの有無

少数例ですが、赤ちゃんが耳の感染症を起こすこともあります。耳の感染症が疑われる場合は、赤ちゃんのかかりつけの医師にご相談ください。赤ちゃんの具合が悪かったり、疲れがひどいようであれば、一時的に補聴器を外してください。カレンダーに補聴器を装用していた時間を記録していくと、かなりやる気が出ます。こうすることで、1日を通して使用するという目標に向かって励みになります。また、赤ちゃんが反応した新しい音や、赤ちゃんが発する音をメモし、全体的な状況をつかみ進捗状況の履歴をとる方もいます。電池の使用も、カレンダーに記録できます。

補聴器が使用されていない期間は、好奇心いっぱいの子供やペットの手の届かないところに保管しましょう。

短時間取り外す場合は、補聴器をオフにして電池の消耗を防ぎます。また、補聴器を取り外した時には、子供がいたずらで電池を取り外すことができないよう、バッテリードアが(チャイルド)ロックされていることを確認しましょう。