会話での聞こえをよくする

誰にでもぴったりのソリューション

会話についていく

音は空気中を移動します。周りを移動している音によって、物理的な環境を認識することができます。しかし音が大きすぎると、方向が分かりにくくなり、途方に暮れてしまうこともあります。周りの音すべてが耐えられないようになったらどうしますか?騒音のせいで聞こえなくなり、会話についていけなくなったら?ここで尻込みする必要はありません。私たちは音を心から歓迎することを提案します。

喫茶店で大切な人と話をしていても、反響音のある博物館の中にいても、騒がしい渋滞に囲まれた車内にいても、会話についていくのは今までよりも簡単になりました。私たちはこの問題を認識し、騒々しい聴き取り状況では誰でも苦労することを知っています。そこで私たちは、難聴の種類や程度に関わらず、皆さんが常につながることができるような複数のソリューションを開発しました。

革新的な技術でシームレスな聞こえ

音は常に変化するため、補聴器がこなさなければならない仕事はさらに難しいものとなります。幸運なことに、今日の補聴器技術により、私たちは最も難しい聞こえ状況の一部に対応できるようになりました。実際にある調査では、一部の技術は人間よりも優れて対応できることが示されています。

たとえば、フォナック オートセンス OSは、環境に合わせて自動的に補聴器の設定を調整します。これがすべてリアルタイムに自動的に行われるので何もせずただその瞬間を楽しめばいいのです!